まき歯科医院課題図書「入社1年目の教科書」を読んで

みなさん、こんにちは。

今年の1月からまき歯科医院メンバーの仲間入りをさせていただきました         歯科衛生士の土屋です。

「入社1年目の教科書」は私の為にあるような書籍でした。仕事中は徹底的に真似をして、技術を磨いていきたいと思います。また、真似をするだけでなく、予習や復習も3:3:3の割合で行おうと思いました。仕事をする中で、すべてを均等に行うことが成功へのプロセスになるのだと実感しました。                              仕事は学業と違い、自分ひとりが行えば良いものではないので、最初はフィードバックをもらう機会と捉え、積極的に質問しようと思います。そして、ミスをした場合は、失敗から学びを得て、同じミスを繰り返さないようにしよと思います。

・方向転換は早ければ早いほどいい。                         ・仕事は真似ること、盗むことで身につける。                       ・重要なことは確実に伝える。                            ・コンテクスト→文脈、状況、背景                                  ・予習、本番、復習=3:3:3                            ・仕事は復習が全て。                              ・ミスをしたら再発防止の仕組みを考える。                      ・叱られた意味を見出せ。                                        ・勉強することで、自分へのリターンは確実に返ってくる。                           ・小さな出費は年額に換算してみる。                       これらは、この書籍から影響を受けたことばです。ひとつひとつしっかり出来るよう取り組んでいきたいと思います。

コメントは受け付けていません。