女性ホルモンと歯周病

こんにちは

歯科衛生士 土屋です。

先日、歯周病と女性ホルモンの関係について学んできました。

男性に比べ、女性の方が1日に2回以上も多く、歯を磨くと言われています。

しかし、残せる歯の本数は男性の方が多いのです。

その理由は、女性ホルモンが関係しているのです。

女性は20~30才前半までをピークにエストロゲンというホルモンが分泌されます。

エストロゲンは、肌の潤いを保ち、代謝を促すなどの働きをするホルモンです。

P.intermediaという、歯周病菌はエストロゲンを栄養源とし、増殖をします。よって女性の方

が歯周病が進行しやすいのです。

歯科医院でのクリーニングを女性ホルモンの分泌が少ない時期に行うことで、歯周病菌の

増殖を抑えることが出来ます。

また、排卵日付近、月経1週間前から月経開始までの時期はご自宅でのケアを徹底することで、歯周病の進行を抑えることが出来ます。

(ハブラシだけでは50%前後しかプラークを除去することが出来ないのでフロスなどの補助清掃用具の使用をお勧めします)

また、妊娠期は月経周期ピーク時の10倍以上、歯周病菌が増加します。

 

ご自分の体のことを知り、歯周病菌をコントロールしましょう!!

コメントは受け付けていません。