プラセンタについて

こんにちは。
歯科衛生士の伊東です。

先日「プラセンタ」のセミナーに参加してきました。
みなさん、「プラセンタ」をご存知ですか?
私はこのセミナーに参加するまで「プラセンタ」を知らず、初めてプラセンタ=胎盤(タンパク質)ということを知りました。
プラセンタは天然のモノ(生モノ)であり、全身の細胞を限りなく赤ちゃんのような若々しい細胞に近づける唯一の天然成分だそうです。
女性にとっては夢のような成分ですね。

現在は、人間、豚、馬の胎盤を使い製品を製造していて、牛は狂牛病の問題があり、使用を控えているとのことです。

赤ちゃんは、お腹の中でお母さんと胎盤で繋がり、成長に必要な栄養を素を補給しますが、最初の受精卵は約0.1gで、出生時には平均3.000g
になります。10カ月で3万倍になる細胞は胎盤意外に存在しないそうです。その細胞再生能力を上手く使うことにより、若返りや疲れ知らず!といったことが体感できるそうです。

プラセンタは、人間に必要な栄養素が含まれており、プラセンタ療法は時間をかけて自分自身のもつ体内システムを利用して改善していくそうです。
これを機会に、プラセンタ製品を使ってみようと思います。